MRJ=Mitsubishi Regional Jet
三菱重工業を筆頭にした、日本製の小型旅客機開発・製造計画。
機会に恵まれ、製造現場を見せていただくことができました。

MRJの歴史は?
2003年度から5年間、開発費は500億円を予定し、その半分を国が補助するという計画が始まった。
2008年度から2011年度の4年度には、MRJの開発総額1200億円のうち3割程度(400億円)を資金援助する方針を打ち出した。
2015年11月11日には、県営名古屋空港において初飛行を実施。

現状は?(報道より)
もともと2013年に納入される予定だったMRJ。
設計の見直しなどが原因で納期が5度も延期され、2020年に。
開発費用は当初1800億円を見込んでいた。現時点で6000億円に膨らんでいるという。

さて、今回は実際にMRJの部品などにも触れることができる機会。
知識も増えるとともに、魅力も増しました。
一方で、モノづくりの大変さも感じることができました。

MRJに必要とされている部品数は約100万点。
海外の技術や知識も合わさって完成を目指しています。
日本独特の気配りと技術で、世界へ挑戦しているMRJ。

様々な報道がされているものの、モノづくりの観点からすれば、国産の飛行機が空を飛んでいる所は見たいと思います。
他方、容易な道のりではなく、むしろ「いばらの道」とも言えます。

しかし、モノづくりに必要な「創造力」と「技術」を大切に、かつ積極的に研究・実践を進めることが
今後の日本の発展へと繋がるものと言えると思います。

MRJが完成すれば、航空機マーケットが大きく変わるとともに、
利用者の利用費や時間なども変化することが想定されます。
(名古屋市への経済への影響も当然考えられます)

型式証明取得の壁。
製造から開発へ。
夢を乗せたプロジェクト。
何とか乗り越えてほしいと思います。

MRJミュージアム
あいち航空ミュージアム内からバスで移動。