着工から10年の歳月を経て、いよいよ名古屋城本丸御殿が復元。
全面公開を迎えます。
先立って、式典と公開が行われたので出席させていただきました。

尾張藩主の住居・藩の政庁として1615年(慶長20年)に徳川家康の命により築城。
1930年(昭和5年)に天守閣とともに城郭として初めて国宝に指定。
1945年(昭和20年)の空襲により建物の大部分を焼失。
2009年から復元工事が始まり、6月8日に完成公開を迎えます。

式典では、式次第など金色が目立ちました。
夢童 由里子氏の活動など、多くの市民により支えられた本丸御殿の完全復元。
名古屋・愛知では、本丸御殿を目玉の一つとして、位置付けて情報発信、集客へと繋げる必要があります。
完成は、ゴールでありスタートでもあると思います。

■名古屋城(本丸御殿)の築城と復元の歴史
1610年:名古屋城築城に着手
1615年:本丸御殿が完成
1930年:天守閣とともに建物が国宝指定される(城郭で1号)
1945年:戦災により天守閣とともに焼失する
1992年:障壁画復元模写開始
2006年:基本設計
2009年:復元工事着手
2013年:第一期公開(玄関・表書院など)
2016年:第二期公開(対面所・上御膳所など)
2018年:完成公開(上洛殿・湯殿書院・黒木書院など)

【最後の春姫道中2018。名古屋城本丸御殿完成へ】
【名古屋城天守閣木造復元。本丸御殿&金シャチ横丁の完成も】
【名古屋城の金シャチ。鱗が剥がされた?!58枚のありかは?】