本会議場での質問を今回も行います!!
本会議場での質問は、名古屋市の市長、副市長、局長という「行政の執行部」に対して
直接質問を行うことができる貴重な機会なんです。

議員は、本会議だけでなく、委員会での活動もしていますが、本会議場での質問は「特別」です。

市長から提案される「議案」にとらわれず、議員個人が疑問を抱いている、
変えていきたいと考える内容を質問することができてしまうんです。
反対の見方をすれば、行政にとっては、
「自分たちの仕事以外に仕事が増えてしまう」と考えることもあると思います。

今回の質問は、6月25日(月)午前10時~

1. 本市におけるソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)の導入について
(1) 行政改革における活用の可能性
(2) 健康福祉局における施策への事業展開
2. 休眠預金等活用法施行を踏まえた市民活動の支援について
を質問します。
ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)って何?
毎年700億円発生するといわれている休眠預金活用??
など、日本だけでなく、世界の動きを含めた質問です。お時間ある方は、議場もしくはネット(スマホ対応)でご覧くださいね。

⬛️名古屋市議会(傍聴は無料です!!)
名古屋市中区三の丸三丁目1番1号
※名古屋市役所の東庁舎から入ることができます。
※駐車場は限りがあるので、公共交通機関もお使いください。
⬛️名古屋市会本会議・委員会ライブ中継(スマホをはじめ、ネットで見られます!!)